ほうれい線はマッサージで解消できる?効果的な方法を紹介 

加齢とともに深く刻まれてくるほうれい線!

年齢と共にほほに深刻まれてくるほうれい線。

たった2本の線でがあるだけで、見た目を老けた感じの印象を与えてしまいますよね。

鏡をふと見た瞬間に、

・若いころはなかったのに、、、

・またなんだか老けたな、、、

・またほうれい線が深くなってる?

という風に感じてしまう方も多いのではないかと思います。

女性が抱える悩みの上位に、シミやほうれい線は常に位置しています。

そして多くの女性がほうれい線に悩みを抱えています。

このページでは、自宅でほうれい線に効果的な簡単なマッサージをご紹介していきます。

ほうれい線の原因 違い

ほうれい線の原因はなに?

ほうれい線は、たるみが原因です。よくシワと間違えられますが違います。

ほほは、比較的顔の中では脂肪の厚い部分なので、皮下脂肪や皮膚がたるんでくることにより、ほうれい線が現れます。

しかし、ほうれい線は加齢の方だけではありません。ほうれい線の原因はたるみなので10代や20代の方も起こりえます。

簡単!テレビを見ながらできるマッサージ法

①ベロマッサージ!

効果:口周りの筋肉を刺激するのでこわばったほほの筋肉を柔らかくするのでほうれい線に効く

やり方:ベロ(舌)を歯茎と上唇の間に入れます、そこから時計回りにゆっくと一周させて初めの位置まで戻ります。時計回りを5~6回行えば、反時計回りも同じ動作で5~6回行います。

ポイント:ゆっくりと口の内側からほうれい線をのばすイメージで、できるだけ強く口の内側からベロ(舌)を回してください。

②ほほの筋肉をほぐす

普段あまり表情を変えない人などは、ほほの筋肉がこわばっているのでよりほうれい線が深くなってきています。頬骨筋をほぐす。

効果:頬骨筋をほぐすことでほうれい線が薄くなる効果がある。

やり方:①指の腹をほほ骨の下にあてる。②顔にしわを作らないようにして小さくうなずきます。(2分程度)(ほほの周りの筋肉の流れをよくします)③顎関節に指をあて同じように小さくうなずきます。(2分程度)

やり方はこちらの動画で詳しくやっています↓

上記のやり方は、テレビを見ながら自宅で簡単にできますのでおすすめです。

ほうれい線対策をしらべていると、意外にも自宅で簡単にできる方法があったので自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか?

ほうれい線が薄くなることで見た目がも若返り印象も変わってきますよ。

自宅で出来るのでお金もかかりませんし、時間も5分あればできちゃう簡単な方法なので是非お試ししてくださいね。

関連記事

アヤナスクリームの口コミ悪評で発覚したデメリットを大暴露